ブライダルローン審査時間はどれぐらいかかるの?

ブライダルローンと言うローンを提供している金融機関はたくさんあるのですが

どのようなポイントに着目して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンというのは資金用途が制限されているローンなのですが資金の使途に関する制限は各種金融機関によっても異なることがありますので注意が必要です。

例えば、楽天銀行は新婚旅行費用だけの借入れはNGですしジャックスの場合は挙式と披露宴の費用が含まれていればそれ以外の費用にも利用できます。

ブライダルローンの選び方で肝心なことはブライダルローンの使途の範囲がどこまで認められているかをということです。

金利が低く融資限度額が大きいに超したことはありませんがしっかりシミュレーションをし、無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

現在、カードローンなどでキャッシングを利用しているという方はブライダルローンに申し込む前に借入残高の確認をする必要があります。

新規の借入先として消費者金融を考えている人は総量規制がかかってきますので年収の1/2を超える融資を受けることはできませんので事前にきちんと計算をしておきましょう。

銀行でも、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのでカードローンなどを利用している銀行から借り入れを考えている人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで融資可能となっていますが1人当たりの貸付総額が500万円ですので、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいる場合200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の最大融資額は300万円となっているのですがみずほ銀行でローンを利用している人は、貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。

ブライダルローンというものは結婚のためにローンを組んでくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱っている信販会社などでサービスが提供されています。

通常のカードローンと比べて金利が低くおすすめなのですが、カードローンよりも手間や時間がかかるというデメリットもあります。

通常、カードローンというものは借りたお金の使い道は自由なのですが、ブライダルローンで借りたお金は結婚に関する出費でのみ使用が認められています。

結婚に関連した資金と言っても挙式や指輪代といった結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への引っ越し費用、家具や家電の購入代金など色々とお金が入用となってきます。

まずは結婚資金を貯めてから…と考えている人も多いと思いますが、早く新婚生活をスタートさせたいと考えている方は、金利が低いブライダルローンの利用がおすすめです。

ブライダルローンを結婚式のため利用するという方が多いと思いますが金融機関からお金を借り入れることに変わりないので、あらかじめシミュレーションをすることがとても重要です。

結婚式にかかる費用だけでも300万円が相場と言われていますからそこから月々の返済額や借入金利をシミュレーションしてみます。

借入金が300万円、ボーナス払いナシ、金利7%、毎月4万円という数字で計算してみたところ、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月もかかってしまうことがわかりました。

ご祝儀の支払のあてにしようと思っても結婚式は赤字になるのが一般的ですから、300万円ほどの結婚式で100万円くらいは赤字となるようですご祝儀をあてにして100万円のローンを組めばいいと思うかもしれませんが必ずしも手に入るとは限らないお金なので、当てにするのは危険です。

銀行のブライダルローンは楽天銀行などの専門のローンを提供しているところもありますが多くの銀行では多目的ローンや目的別ローンで対応することが多いようです。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンでは式場と提携しているケースが多く、指定の式場で式をあげることが融資の条件となっていたりします。

銀行のブライダルローンの金利は5から7%が相場なのに対し式場提携タイプは6.0%から15.9%と高めです。

金利面で判断すると銀行のブライダルローンのほうがお得に感じますがクレジット会社の中にも、銀行と匹敵するほどの低金利なものもあります。

ジャックスの「プレシャンテ」は、金利6.5%と楽天銀行よりも低い金利で限度額は500万円ですし、クレジット対応ということから口コミ評価は高いです。

ブライダルローンはその名の通り結婚費用に限定された目的別ローンですので結婚に関する費用以外では使い道を許可されていません。

ブライダルローンは目的別ローンと呼ばれるローンでリフォームローンや教育ローンなどと同じ種類です。

ブライダルローンの使い道として認められているものは、挙式・披露宴や衣装代のほかに新婚旅行旅費、新居に関する礼金敷金・賃貸料、家具家電の購入などがあります。

カードローンなどのフリーローンと異なる点は使い道を証明できる書類を提出する必要があることです。

結婚式場が発行した見積書や請求書の提出が必要となり支払完了後には領収書や振込控えの提出が必須となっていることもあります。

みずほ銀行にはブライダルローンはないのですが

結婚費用にも使える「みずほ銀行多目的ローン」が用意されています。

返済期間は最長7年、融資金額は最大300万円という条件で、固定金利は年6.700%で、さらに低金利な変動金利も選ぶことができます。

また、みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、あるいは利用していた人はさらに年0.1%の金利引き下げを受けられます。

申込ができる人は借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満で完済時年齢が満71歳未満、勤続年数は2年以上必要で、前年度の税込年収が200万円以上が対象となっています。

カードローンなどのキャッシングを利用している人はまずは、キャッシングの借入残高の確認をする必要があります。

ブライダルローンの借入先として消費者金融を考えているという人は総量規制が適用されますから年収の1/2を超える融資を受けることはできませんので事前にきちんと計算をしておきましょう。

銀行の場合でも、1人当たりの貸付総額というものが設定されている場合がありますのですでに、カードローンなどを利用している銀行からさらに追加で融資を望んでいるという場合は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借りることができますが、1人当たりの貸付総額が500万円ですので、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいる場合200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の最大融資額は300万円となっているのですがみずほ銀行でローンを利用している人は、貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。

銀行のブライダルローンは目的別ローンというくくりに入っていることが多くリフォームローンや学資ローンのように使途が決まっているローンになっています。

使途を結婚式に関連する資金と限定することで一般のキャッシングローンよりも低い金利で借りることができるのが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングの場合目的別ローンではないためすべては用途が自由なフリーローンになります。

カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%前後が相場と言われていますので、格段に低金利です。

又、ブライダルローンは数百万円単位でローンを組むことができるのですが、消費者金融のカードローンだと、初回の借入額は数十万円が限界です。

ブライダルローンというローンは結婚のためにお金を融資てくれるサービスのことで銀行や信販会社などが提供しています。

通常のカードローンと比べて金利が低くおすすめなのですが、手間や時間がかかるというデメリットもあります。

また、普通のカードローンは借りたお金は自由に使えますがブライダルローンは、結婚に関する目的以外には認められません。

結婚に関わる資金と言っても挙式や披露宴、婚礼衣装、結婚指輪など結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への入居費用、家具や家電の購入など色々とお金が必要になります。

結婚資金を貯めてから結婚を考えるという方も多いと思いますが、低金利のブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです。

ブライダルローンはその名の通り結婚費用に限定された目的別ローンですので結婚に関する費用以外の使い道に利用してはいけません。

使い道が限定されていることで金利を低くした目的別ローンでリフォームローンや教育ローンなどと同じタイプのローンということになります。

ブライダルローンで認められている使い道には挙式や衣装代のほかに新婚旅行の旅費や引っ越し費用などがあります。

カードローンのフリーローンとどの点が違うのかというと使い道を証明できる書類が必要不可欠となっている点です。

例えば、結婚式場が発行した見積書や請求書の提出が求められるほか支払完了後には領収書などの提出も求められることがあります。

オリコのブライダルローンはブライダルプランという商品名で貸付金額は10万円から300万円、利率は6.0%から13.2%です。

申込の条件には満20歳以上で安定した収入がある人ということで融資金額が50万円以下の場合は最長48か月(4年)になります。

申込に必要な書類はローン申込書、本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しですが、ブライダルプランでの融資を含め、オリコでの借入れ総額が50万円を超える場合は所得証明書類を提出しなければいけません。

又、オリコからの借入れ合計額と他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超える場合も前年度の源泉徴収票や直近3カ月以内(連続する2か月分)の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。