ブライダルローン審査は誰でも口コミの?条件はある?

ブライダルローン審査は通るのか

ブライダルローンというものは結婚のためにローンを組んでくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱う信販会社などが提供しています。

通常のカードローンよりも金利が低くというメリットがありますが、通常のカードローンよりも手間や時間がかかるのは否めません。

通常、カードローンというものは借りたお金の使い道は自由なのですが、ブライダルローンは、結婚のため以外には利用できません。

結婚に関連した使途と言っても結婚式は勿論のこと新婚旅行や新居への引っ越し費用などかなりのお金が必要です。

まずは結婚資金を貯めてから…と考えている人も多いと思いますが、1日でも早く結婚したいと考えている方は、金利が低いブライダルローンの利用がおすすめです。

ブライダルローンは結婚に関した出費にしか利用できないという制限がありますが結婚式や披露宴のほかにも新婚旅行であったり、新居の購入費用にローンを充てることも認められています。

新居を購入することになれば、ほとんどの人が自営業の住宅ローンを組むと思いますがその際に頭金があれば審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

普通、自営業の住宅ローンの頭金はたくさんあればあるほど良いとされていて物件価格の2割から3割程度、用意しておくことができれば安心です。

つまり、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円必要ということですからぱっと用意できる金額ではありませんね。

ブライダルローンで融資を受けたお金を自営業の住宅ローンの頭金に回すことで低金利でローンを組むことができるのです。

ブライダルローンを結婚式のため利用するという方が多いと思いますが金融機関からお金を借りることには変わりないので、事前にシミュレーションをすることが肝心です。

結婚式にかかる費用だけでも300万円が相場と言われていますからまずは300万を想定し毎月の返済額や、借入金利を含めて計算してみましょう。

借入金が300万円、ボーナス払いナシ、金利7%、毎月4万円という数字で計算してみたところ、支払回数が100回になり、支払期間が8年3か月にもなるのです。

ご祝儀で返済を考えていても結婚式は赤字になるという人が多いので300万円規模のお式で100万円くらいは赤字になる人が大半です。

ご祝儀目をあてこんで100万円のローンを組めば良さそうと思うかもしれませんが必ずしも想定した額のご祝儀を受け取れるとは限りませんから、当てにするのは危険です。

楽天銀行では目的型ローンブライダルというブライダルローンを提供していて楽天会員や口座がある人であれば簡単にオンラインで手続きができます。

月々の返済額は1万円からなので、無理のない返済が可能です。

楽天銀行の融資額は1人あたり最大で500万円までとなっていることです。

つまり、ブライダルローンを申請した段階で、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいるという場合は融資実行後は領収書や振込控の写しなど支払が確認できる書類を1か月以内に提出するように義務付けられています。

オリコのブライダルローンはブライダルプランという商品名で融資額は10万円から300万円で、貸付利率は6.0%から13.2%となっています。

申込条件は満20歳以上で安定した収入がある人で、返済期間は6か月から最長7年の期間があり申込に必要な書類は本人確認書類や資金の使途を証明する書類の写しとなりますがブライダルプランでの借り入れを含めてオリコでの借入れ額の合計が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必要になります。

前年度の源泉徴収票や直近3カ月以内(連続する2か月分)の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンというものは結婚に限定した目的別ローンですから結婚に関する費用以外では使い道を許可されていません。

ブライダルローンは使い道を限定することで低金利になる目的別ローンでありリフォームローンや医療ローンなどと同じ種類のローンになります。

ブライダルローンの使い道として認められているものは、挙式・披露宴や衣装代のほかに新婚旅行費や、新居への引っ越し費用や礼金敷金なども認められています。

フリーローンと何が違うのかというと使い道を証明する書類を必要になることです。

例えば、結婚式場が発行した見積書や請求書の提出が求められるほか支払完了後に、領収書や振込控えなどの写しの提出が必要となることもあります。

ブライダルローンは自由用途が広い

銀行のブライダルローンは学費ローンやリフォームローンなどのように使途が限定されたサービスになっています。

使い道を結婚に関係する資金と限定することで一般のカードローンよりも低い金利で借りることができるのが大きなメリットです。

一方、消費者金融のキャッシングの場合目的別ローンではないため使途が自由なフリーローンとなっています。

金利はと言うと、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%前後が相場と言われていますので、格段に低金利です。

又、ブライダルローンは数百万円単位で融資を受けることができるのですが消費者金融カードローンは初回の借入額は数十万円が相場です。

ブライダルローンとは結婚に関する費用を貸してくれるサービスのことで銀行やカード会社などが提供しています。

一般のカードローンよりも金利が低くおすすめなのですが、普通のカードローンと比べて手間や時間がかかるというデメリットもあります。

また、普通のカードローンは借りたお金は自由に使えますがブライダルローンは結婚に関連した使途以外には利用は認められません。

結婚に関連した資金と言っても挙式や指輪代といった結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への入居費用、家具や家電の購入など色々とお金が必要になります。

まずは結婚資金を貯めてから…と考えている人も多いと思いますが、ブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです!キャッシングを利用している人はブライダルローンを利用する前に融資残高の確認が必要です。

ブライダルローンの借入先として消費者金融を考えているという人は総量規制が適用されますから年収の1/2を超える借り入れはできませんので事前にしっかりと計算をしておきましょう。

銀行でも1人当たりの貸付総額が定められている場合がありますのでカードローンなどを利用している銀行から借り入れを考えている人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで融資を受けることができますが1人当たりの貸付総額が500万円と決められていることから、楽天スーパーローンを300万円借りている人は200万円までしか融資を受けられないことになります。

みずほ銀行の場合はというと、最大融資額は300万円なのですが、すでにみずほ銀行で無担保ローンを利用している人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に制限されてしまいますのでご注意ください。

ブライダルローンは結婚に関する使途に限定して融資してくれるローンで一般的なカードローンと比べると低い金利でお金を借りることができます。

銀行カードローンや消費者金融だと、無利息期間が用意されていたりしますがブライダルローンは目的別ローンですから無利息サービスというのはありません。

結婚に関する資金を無利息でと考えているのであれば無利息期間があるカードローンで結婚資金を借りると良いでしょう。

消費者金融カードローンなら初回利用者は30日程度の無利息期間がありますからご祝儀で完済できる額であれば、実質無利息で借入が可能なブライダルローンということになります。

消費者金融のカードローンは金利が高いと言われていますが無利息期間内に完済してしまえば、金利が高くても怖くありません。

みずほ銀行には結婚専用のブライダルローンはありませんが結婚費用にも使える「みずほ銀行多目的ローン」が用意されています。

多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内であることが条件です。

固定金利は年6.700%と低い金利なのが特徴的ですが又、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、または利用していた人はさらに年0.1%の金利引き下げサービスが受けられます。

勤続年数は2年以上は必須で、前年度の税込年収は最低200万円以上必要となります。

ブライダルローンというローンは結婚費用に限定された目的別ローンなので結婚に関する費用でしか使い道は許されていません。

ブライダルローンは使い道を限定することで低金利になる目的別ローンでありリフォームローンや医療ローンなどと同じ種類のローンになります。

ブライダルローンで認められている使い道には挙式や衣装代のほかに新婚旅行の旅行費や、新居に関する礼金敷金なども認められています。

カードローンなどのフリーローンと異なる点は使い道を証明できる書類を提出する必要があることです。

具体的には、結婚式場が発行した見積書や請求書、予約確認書など支払予定のもので支払完了後には領収書や振込控えの提出が必須となっていることもあります。