即日融資OKのブライダルローン審査の口コミ借入先はどこ?

ブライダルローンは結婚のためにお金を貸してくれるサービスのことで

銀行やカード会社などが提供しています。

一般的なカードローンと比較すると金利が低くおすすめなのですが、手間や時間がかかるというデメリットもあります。

通常カードローンは借りたお金の使途は自由ですが、ブライダルローンで借りたお金は結婚のために利用する以外には認められません。

結婚に関わる資金と言っても結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への引っ越し費用などかなりのお金が必要です。

結婚資金を貯めてから・・・という人もいるかと思いますが早く新婚生活をスタートさせたいと考えている方は、金利が低いブライダルローンの利用がおすすめです。

融資額は10万円から300万円で、貸付利率は6.0%から13.2%となっています。

申込の条件には満20歳以上で安定した収入がある人ということで収入や雇用形態などは特に気にしなくても良いようです。

申込時にロ本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しが必要になり、オリコでの借入れ額の合計が50万円を超えてしまう場合は所得証明書類の提出が求められます。

又、オリコ以外にも他の貸金業者からの借金総額が100万円を超える場合も前年度の源泉徴収票などの所得証明書類の提出が必要になります。

ローンを考えている人で、キャッシングを利用している人はブライダルローンに申し込む以前にまずは借入残高を確認しましょう。

ブライダルローンの借入先として消費者金融を考えているという人は総量規制が適用されますから年収の半分を超える借入はできないため、事前に計算をしておくことが大切です。

銀行でも、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのでカードローンを利用している銀行から追加で借り入れを考えているという人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで融資可能となっていますが1人当たりの貸付総額が500万円ですので、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいる場合200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の場合、最大融資額は300万円となっていますがすでにみずほ銀行でローンを組んでいる人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内という条件になっています。

ブライダルローンを借りるにあたって、返済方法をどうするかと悩む人は多いと思いますがご祝儀を当てこんで返済プランを組むことは避けましょう。

300万円の結婚式を挙げたとして、その費用をご祝儀で全額回収することは困難といわれており例えば1人あたり3万円のご祝儀をくれたとしても100人を招待することが可能であればギリギリ300万円集まる計算になりますので完済できる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀を使って一括返済できたという人は全体の45%ほどで残りの55%は一括返済できなかったということですので、あてにするのはやめましょう。

ブライダルローンとカードローンはお金を借りると言う意味では同じなのですが二つには大きな違いがいくつもあります。

まず、ブライダルローンというものは、銀行や信販会社が提供している目的別ローンなのに対しカードローンとは銀行や消費者金融などが提供するフリーローンになります。

貸出金利についても両者は大きな差があり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンの場合、3.0%から18.0%と非常に高金利に設定されているのがわかります。

申込手続きや審査は、ブライダルローンは複雑で時間がかかるのですが、カードローンは比較的簡単な審査が多く、即日融資が可能なサービスも多くあります。

一方で、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と高額な借り入れを可能としているのに対しカードローンは実績を積まなければ高額融資が受けられず、初めての利用の場合は数十万円程度しか借りられません。

銀行のブライダルローンは楽天銀行などの専門のローンを提供しているところもありますが多くの銀行では多目的ローンや目的別ローンで対応することが多いようです。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンでは結婚式場と提携していることが多く、指定の式場で挙式するのが融資条件となっている場合があります。

銀行の金利が5%から7%に対し式場提携タイプのブライダルローンの金利相場は6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面で判断すると銀行のブライダルローンのほうがお得に感じますがクレジット会社にも銀行レベルに低金利なものもあります。

ジャックスの「プレシャンテ」は、金利6.5%と楽天銀行よりも低い金利で限度額は500万円ですし、クレジット対応ということから口コミ評価は高いです。

申込の条件には満20歳以上で安定した収入がある人

ということで収入制限や雇用形態、勤続年数などの条件はありません。

借入金額が50万円以下だと、返済期間は最長48か月となります。

申込に必要な書類はローン申込書、本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しですが、オリコでの借入れ額の総額が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必要です。

銀行が提供するブライダルローンはいわゆる目的別ローンでリフォームローンや学資ローンのように使途が決まっているローンになっています。

使い道を結婚式や新生活の資金と限定することで一般のカードローンよりも低い金利で借りることができるのが大きなメリットです。

一方、消費者金融のキャッシングの場合目的別ローンではないため使い道に制限されないフリーローンになります。

消費者金融のカードローンの金利はだいたい3.0%から18.0%が一般的ですがブライダルローンは5%から7%ですので格段に低いのがわかります。

又、ブライダルローンは数百万円単位で借り入れることができますが、カードローンだと、初回の借入額は多くて数十万円が関の山です。

ブライダルローン組む際に1番ポイントとなるものといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴だといくらぐらいが相場なのでしょうか?一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の約15%で次点は400万円から500万円、次いで350万円から400万円という価格帯が相場のようです。

全国平均は調査した専門誌やサイトによってばらつきがありますがおおよそ250万円から350万円の範囲が相場のようです。

結婚に必要な費用は挙式や披露宴のほかにも新婚旅行費、新居の礼金敷金・賃貸料、家具や家電などでプラス100万円以上かかってしまいます。

更に「さずかり婚」の場合だと、出産費用や乳児用品の購入費も必要となりますのでプラス20万から30万円多めに見積もってローンを考えておいた方が良いでしょう。

ブライダルローンとカードローンはローンを組んで借りると言う点では共通していますが両者には大きな違いがいくつもありますので注意が必要です。

まず、ブライダルローンというものは銀行や信販会社がサービスを提供している目的別ローンですがカードローンは銀行や消費者金融業者が提供するフリーローンです。

金利についても二つには大きな違いがあり、ブライダルローンは5%から7%が一般的な相場に対してカードローンは3.0%から18.0%と高金利に設定されています。

申込手続きや審査は、ブライダルローンは複雑で時間がかかるのですが、カードローンは比較的簡単な審査が多く、即日融資が可能なサービスも多くあります。

しかし、ブライダルローンは借入限度額が大きいのに対しカードローンは実績を積まなければ高額融資が受けられず、初めての利用の場合は数十万円程度しか借りられません。

ブライダルローンもカードローンもお金を借りるという意味では同じ商品ですから審査に通らなければ当然融資を受けることはできません。

ブライダルローンは低金利かつ数百万単位で借入可能ですからカードローンよりも厳しい審査になることは避けられません。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴に共通点がありましたので紹介すると年収が200万円以下だったり非正規雇用であるなど、返済能力が乏しいと思われる人が多いです。

又、過去に滞納履歴や債務整理、自己破産歴があったり、複数の金融業者から借り入れがある人は要注意です。

クレジットカード未所有の人は当然滞納歴も無いので安心だと思いがちですが信用情報がないので信用度が判断できないために落とされる可能性があります。

銀行のブライダルローンは楽天銀行や千葉銀行のように専門のローンもありますが多くの銀行では目的別ローンなどで対応していることが一般的です。

一方でクレジットカード会社が提供しているブライダルローンもあるのですが、こちらは結婚式場と提携していることが多く、指定の式場で挙式するのが融資条件となっている場合があります。

銀行のブライダルローンの金利は5から7%が相場なのに対し式場提携タイプのブライダルローンは6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面で判断すると銀行のブライダルローンのほうがお得に感じますがクレジット会社の中にも、銀行と匹敵するほどの低金利なものもあります。

その中でもおすすめなのが、ジャックスの「プレシャンテ」です。

金利は6.5%と楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円と銀行よりも高額で、しかもクレジット対応なので口コミ評価は良いようです。