ブライダルローン審査のって本当に口コミ?

ブライダルローンで100万円を借りる

結婚資金と言うと挙式や披露宴などこだわればこだわった分大金が必要になります。

結婚資金というはお式以外にも新婚旅行や新居の入居費用も含まれますのでそれぞれに数十万円ものお金が必要になります。

ブライダルローンはそういった資金を低い金利で貸してくれるわけですから一般のカードローンと比べて審査のハードルはかなり高いことを覚悟しましょう。

審査のポイントは借主に返済能力があるかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他、源泉徴収票や収入を証明する書類なども求められます。

基本的にブライダルローンでは保証人は不要とされているのですが審査の結果によっては保証人を立てることを条件とされる場合もあります。

ブライダルローンとカードローンはお金を借りると言う意味では同じなのですが両者には大きく異なる点がいくつもありますので気を付けなければいけません。

まず、ブライダルローンは銀行や信販会社が提供する目的別ローンですがカードローンというローンは主に消費者金融業者が提供しているフリーローンです。

金利についても二つには大きな違いがあり、ブライダルローンは5%から7%が一般的な相場に対してカードローンの場合、3.0%から18.0%という金利が相場になっています。

手続きや審査に関してはブライダルローンは複雑で時間がかかるのに対しカードローンは審査がスピーディーで、即日融資をウリにしているサービスも多くあります。

しかし、ブライダルローンでは高額な借り入れが可能なのに対してカードローンの場合、初めての利用の場合は数十万円程度しか借りられないというデメリットもあります。

ブライダルローンは低金利でお金を貸してくれますがキャッシングローンに変わりないので返済期間が長引くほど利息は多くなります。

月々の返済はまず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息を優先して返済し、残った金額が元本に充てられるということになります。

従って、返済期間が長引くほど利息が多くなってしまいますので返済期間を短くした方が支払総額を抑えることができます。

ブライダルローンで借り入れた借金が御祝儀で賄えるようであれば多少無理をしてでも一括返済してしまうことをおすすめします。

ご祝儀で返済しきれない場合は親に援助してもらって、ゆったりと返済するのも、ひとつの方法です。

総量規制をご存知ですか?総量規制とは収入の1/3を超える融資を禁止にした規制で消費者金融などに適用されるというものです。

結婚式は平均して250万円から350万円かかると言われていますから総量規制が適用された場合は年収が750万円から1
050万円必要になる計算です。

不景気の昨今、みんながみんなそれだけの収入を得ているわけはありませんしすでにカードローンを利用している人は、借りられないのではと不安になってしまいますよね。

しかし、銀行法によって規制されている銀行であれば、貸金業法は無関係ですしクレジットカードを取り扱う信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されますから総量規制の対象外となるのです。

但し、クレジットカードのキャッシングで借金をすると貸金業法の適用により総量規制の対象となります。

ブライダルローンというローンは結婚費用に限定された目的別ローンなので結婚に関する費用以外の使い道は認められていません。

ブライダルローンは使い道を限定することで低金利になる目的別ローンであり医療ローンや教育ローンなどと同じ種類と言えます。

ブライダルローンで認められている使い道には挙式や衣装代のほかに新婚旅行の旅費や引っ越し費用などがあります。

フリーローンと異なる点は使い道を証明できる書類を提出する必要があることです。

具体的には、結婚式場が発行した見積書や請求書、予約確認書など支払予定のもので支払完了後には領収書などの提出も求められることがあります。

ブライダルローン申し込み時の必要書類は通常のカードローンと同じように申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

勤続年数や雇用形態を重視している所も多く勤務先や勤続年数などが記載された勤務証明書の提出が求められる場合もあります。

ブライダルローン使用目的が限られていますから結婚式場や新婚旅行で利用する旅行会社、新居を仲介してくれる不動産屋さんの請求書や見積書も必要です。

すでに支払いを済ませてしまっている場合はローンの対象外になることがありますから、支払う前によく確認することが大切です。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場やなどの領収書や振込控えなどはコピーをとって融資を受けた金融機関に提出することも必要です。

ブライダルローン審査で調査されるポイントは

ブライダルローンは結婚にまつわる費用を融資してくれるサービスのことで銀行やカード会社などが提供しています。

通常のカードローンと比べて金利が低くおすすめなのですが、通常のカードローンよりも手間や時間がかかるのは否めません。

通常カードローンは借りたお金の使途は自由ですが、ブライダルローンは結婚に関連した使途以外には利用は認められません。

結婚に関連した使途と言っても結婚式は勿論のこと新婚旅行や新居への入居費用など色々とお金が必要になってきます。

まずは結婚資金を貯めてから…と考えている人も多いと思いますが、1日でも早く結婚したいと考えている方は、金利が低いブライダルローンの利用がおすすめです。

楽天銀行には目的型ローンでブライダルローンを提供しており楽天会員の方であれば簡単にオンライン手続きが可能です。

金利は固定金利で年7.0%、最大借り入れ額は300万円となっており月々の返済額は1万円からOKなので、無理のない返済を実現しています。

楽天銀行の融資額は1人あたりMAX500万円までと決まっていることです。

つまり、ブライダルローンを申請した段階で、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいるという場合はブライダルローンでは200万円までしか借りられなくなってしまいます。

ローンの申請には本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類などが必要になるほか、融資を受けた後は領収書等、ローンを正しい使途で使ったことを証明できる書類を1か月以内に提出するように義務付けられています。

ブライダルローンはその名のごとくブライダルに限った目的別ローンなので結婚に関する費用以外では使い道を許可されていません。

ブライダルローンは目的別ローンと呼ばれるローンでリフォームローンや教育ローンなどと同じ種類です。

ブライダルローンの使い道として認められているものは、挙式・披露宴や衣装代のほかに新婚旅行旅費、新居に関する礼金敷金・賃貸料、家具家電の購入などがあります。

カードローンなどのフリーローンと異なる点は使い道を証明できる書類がないと融資が下りないということです。

例えば、結婚式場が発行した見積書や請求書の提出が求められるほか支払完了後に、領収書や振込控えなどの写しの提出が必要となることもあります。

総量規制とは収入の三分の一を超える融資を禁止にした規制であり、消費者金融などの貸金業者に対してこの規制がかけられるというものです。

結婚式にかかる費用はおおよそ250万円から350万円と言われていますから総量規制が考慮すると、750万円から1
050万円の年収が必要になることになります。

これから式を挙げようとする若い人はそんな年収はない人が大半でしょうしすでにカードローンを利用している人は不安になってしまいますよね。

しかし、銀行は銀行法によって規制されていますから貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払い(立て替え払い)も割賦販売法が適用されますので総量規制の対象外です。

ただし、クレジットカードのキャッシングで借入すると貸金業法が適用され総量規制の対象となってしまいますことご注意下さい。

みずほ銀行にはブライダルローンという商品はありませんが結婚式などにも利用できるみずほ銀行多目的ローンがあります。

最大融資金額が300万円、最長返済期間が7年というもので固定金利は年6.700%なのですが更に低金利な変動金利も選択することができます。

又、現在みずほ銀行にて、証書貸付ローンを利用中(利用していた人)の人はさらに年0.1%の金利引き下げを受けられます。

申込ができる人は満20歳以上満66歳未満の人勤続年数(自営業の場合は営業年数)が2年以上必要で、前年度税込年収が200万円以上となっています。

銀行のブライダルローンはリフォームローンや医療ローンのように使い道が限られたローンになっています。

使途を結婚式に関連する資金と限定することで一般のキャッシングローンと比べて低い金利で融資を受けられるのが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングの場合目的別ローンではないため使途が自由なフリーローンとなっています。

カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%ですので格段に低いのがわかります。

又、ブライダルローンは数百万円単位で融資を受けることができるのですがカードローンだと、初回の借入額は多くて数十万円が関の山です。