ブライダルローン審査の口コミの真相って?

ブライダルローン審査で職場に電話あるのか?

キャッシングを利用している人はブライダルローンを申請する前に借入残高の確認をしなければなりません。

借入先に消費者金融を希望している人は総量規制が適用されますので年収の1/2を超える融資を受けることはできませんので事前にきちんと計算をしておきましょう。

銀行であっても無制限に貸してくれるわけではありませんし、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのでカードローンなどを利用している銀行から借り入れを考えている人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンでは300万円まで借りられるのですが1人当たりの貸付総額が500万円と決められていることから、楽天スーパーローンを300万円借りている人は200万円までしか融資を受けられないことになります。

みずほ銀行の場合、最大融資額は300万円となっていますがすでにみずほ銀行でローンを組んでいる人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内という条件になっています。

みずほ銀行にはブライダルローンという商品はありませんが結婚費用にも利用可能なみずほ銀行多目的ローンが用意されています。

返済期間は最長で7年、融資金額は最大300万円までとなっており、固定金利は年6.700%と低く設定されてるだけでなく、更に低金利な変動金利も選択することができます。

又、みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、あるいは利用していたという人であればブライダルローンは結婚関連の出費のみ利用可能という制限がありますが結婚式のほかにも新婚旅行や新居の購入費なども用途が認められています。

新居を購入する場合大半のお方は自営業の住宅ローンを組むと思いますがその際に頭金があれば低金利で融資を受けられたり、審査に通りやすくなるなどのメリットを享受できます。

一般的に住宅ローンを組む際の頭金は多いほど良いとされていますが物件価格の2割から3割あるのが理想的です。

例えば、2000万円の物件を購入する場合には、頭金は400万円から600万円ということですのでとてもじゃありませんが、一朝一夕で用意できる金額ではありません。

ブライダルローンで借りたお金を、新婚生活のための住宅ローンの頭金を回せば低金利でブライダルローンも自営業の住宅ローンも組むことができるのです。

ブライダルローンとは結婚に関連する出費に限り融資を認めると言うローンで通常のカードローンよりも低金利でお金を借りられます。

消費者金融や一部の銀行カードローンは無利息期間がありますが残念ながらブライダルローンには無利息サービスはありません。

結婚に関する費用を無利息で貸してくれるところを探しているという事であれば無利息期間があるカードローンでブライダル資金を借り入れるのがいいでしょう。

消費者金融のカードローンなら30日程の無利息期間が設定されているので結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息のブライダルローンということができます。

消費者金融カードローンは金利が高いことは有名ですが、無利息期間内に完済してしまえば、金利が高くても怖くありません。

ブライダルローンは楽天銀行などのように専門のローン提供している場合もありますがほとんどの銀行では多目的ローンといった形で対応することが多いようです。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンの場合は結婚式場と提携している場合が多く、クレジット会社が指定する結婚式場で挙式をあげることが融資の条件となっていることが多いです。

銀行のブライダルローンの金利の相場は5%から7%ですが式場提携タイプのブライダルローンの金利相場は6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面から判断すると銀行のブライダルローンのほうが有利に思えますが、クレジット会社にも銀行レベルに低金利なものもあります。

ジャックスの「プレシャンテ」は、金利6.5%と楽天銀行よりも低い金利で限度額は500万円ですし、クレジット対応ということから口コミ評価は高いです。

ブライダルローンもカードローンと同じ金融商品に違いはありませんので審査に通らなければ借り入れることはできません。

ブライダルローンというローンは低金利で高額の融資を受けられますのでカードローンよりも厳しい審査になることは避けられません。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴として年収が200万円以下、勤続年数が1年未満といった信用情報が弱いことが多いです。

これまでに滞納履歴や債務整理があったり複数から借り入れがある人は要注意です。

これまでに、1度もクレジットカードを所有した事が無いという人は滞納歴が無いので審査に通りやすいだろうと考えがちですが信用情報がないので信用度が判断できないために落とされる可能性があります。

ブライダルローン審査で重要ポイントは

ブライダル資金と言うと結婚式や結婚指輪など100万から500万程度のお金が必要になります。

結婚式以外にも新婚旅行や引っ越し費用などそれぞれに数十万円程度の資金が必要になります。

ブライダルローンは結婚式に関する多額の資金を低金利で貸してくれるわけですから普通のカードローンと比較して審査の基準はかなり高く厳しいものになります。

審査のポイントは借主に返済能力があるかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書なども必要になります。

また、ブライダルローンでは保証人は必須ではないのですが審査の結果によっては保証人を立てる事で融資を受けられるという条件が付くこともあります。

クレジットカード会社のオリコが提供するブライダルローンはブライダルプランという商品名で金利は6.0%から13.2%で、融資可能金額は10万円から300万円となっています。

収入や勤続年数などの条件は特にないようです。

返済期間は6か月から最長84か月(7年)ですが融資金額が50万円以下の場合は最長で4年です。

申込時にロ本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しが必要になり、オリコでの融資総額が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必須となります。

また、オリコからの借入れ総額に加え、他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超えてしまう場合もブライダルローンは結婚に関した出費にしか利用できないという制限がありますが結婚式以外にも新居の購入費用などにも用途が認められています。

新居を購入する場合大半のお方は自営業の住宅ローンを組むと思いますがその際に頭金があれば低金利で融資を受けられたり、審査に通りやすくなるなどのメリットを享受できます。

一般的に自営業の住宅ローンを組む際の頭金は多いほど良いとされていますが物件価格の2割から3割あるのが理想的です。

つまり、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円必要ということですからぱっと用意できる金額ではありませんね。

ブライダルローンで融資を受けたお金を住宅ローンの頭金に回すことで低金利で無理のない資金調達をすることができるのです。

ブライダルローン組む際に重要になるのが結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、いくらくらい掛かるのが相場なのでしょうか?一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の約15%で第2位は400万円から500万円(12.4%)、第3位は350万円から400万円(10.9%)となっています。

全国平均は専門誌やサイトによってばらつきはありますがおおよそ250万円から350万円の範囲に収まっています。

結婚にかかる費用は挙式・披露宴以外にも多くあり新婚旅行費、新居の礼金敷金・賃貸料、家具や家電などでプラス100万円以上かかってしまいます。

更に「できちゃった婚」の場合には出産費用や新生児用品の購入費も必要となってきますのでプラス20から30万円を見積もってローンを組む必要があります。

総量規制とは収入の1/3を超える融資を禁止した規制で消費者金融などの貸金業者に適用されるものです。

結婚式にかかる費用は約250から350万円はかかると言われていますので総量規制が適用された場合は年収が750万円から1
050万円必要になる計算です。

若い夫婦であればそんな約1000万の収入なんてないでしょうし、一生式が挙げられないんじゃ…と不安になってしまう人もいますよね。

しかし、銀行であれば。

貸金業法は関係ありませんしクレジットカードを取り扱う信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されますから総量規制の対象外となるのです。

但し、クレジットカードのキャッシングで借金をすると貸金業法が適用されますので、総量規制の対象となりますことご留意ください。

ブライダルローン返済方法についてどの方法がベストなのかと悩む人は多いと思いますがご祝儀を当てにして返済プランを考えてはいけません。

一般的に300万円の結婚式を挙げた場合にご祝儀で全額回収することは不可能といわれており具体的に計算してみると、1人あたり3万円のご祝儀を包んでくれたと仮定し招待する人数が70人の場合はご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になります。

頑張って100人を招待できればギリギリ300万円集まる計算になりますので完済できる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人の割合はというと全体の45%ほどだそうです。

残りの55%は一括返済できなかったということですので、あてにするのはやめましょう。