ローンを考えている人で、キャッシングを利用している人はブライダルローンに申し込む前に借入残高の確認をする必要があります。

融資先に消費者金融を検討している人は総量規制が適用されますから年収の1/2を超える借金はできまませんので、事前に計算をしておきましょう。

銀行でも、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのですでにカードローン利用している銀行から融資をと考えている人は特記事項に注意が必要となります。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで融資可能となっていますが1人当たりの貸付総額が500万円と決められていることから、楽天スーパーローンを300万円借りている人は200万円までしか融資を受けられないことになります。

みずほ銀行は最大融資額は300万円ですが、みずほ銀行で無担保ローンを利用している人はブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。

ブライダルローンは結婚に利用目的を限定して融資してくれるサービスで一般的なカードローンと比べると低い金利でお金を借りることができます。

消費者金融やカードローンには無利息期間があったりしますが、残念ながらブライダルローンには無利息サービスはありません。

結婚に関する資金を無利息でと考えているのであれば無利息期間が設けられているカードローンで借りるのがベターでしょう。

カードローンなら初回利用者は30日程度の無利息期間が設けられていますからご祝儀で完済できる見込みがあれば、実質無利息のブライダルローンということになります。

消費者金融カードローンは金利が高いことは有名ですが、無利息期間内に返済できてしまう場合、金利が高くても関係ありませんね。

オリコのブライダルローンはブライダルプランという商品名で金利は6.0%から13.2%で、融資可能金額は10万円から300万円となっています。

申込資格は満20歳以上で安定した収入がある人と規定されているだけなので収入や雇用形態、勤続年数などの条件は厳しくありません。

返済期間は6か月から最長で84か月あり、融資金額が50万円以下の場合は最長で4年です。

ブライダルプランでの融資を含め、オリコでの借入れ総額が50万円を超える場合は所得証明書類を提出しなければいけません。

また、他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超える場合も前年度の源泉徴収票や直近3カ月以内(連続する2か月分)の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンは一般的なカードローンと比較して低金利なことがウリの1つですがキャッシングであることは変わらないので、返済期間が長引くほど利息は多くなります。

月々の返済はというと、まず1回の返済額を決めてから、利息を優先して返済して、決めた返済額内の残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長いほど利息の支払いが増えてしまいますので返済期間を短くした方が支払総額を抑えることができます。

借入総額が御祝儀で賄えるようであれば多少無理をしてでも一括返済してしまうことをおすすめします。

ご祝儀総額が一括返済に足りないときは親に援助してもらって、ゆったりと返済するのも、ひとつの方法です。

みずほ銀行には結婚専用のブライダルローンはありませんが結婚費用にも利用可能なみずほ銀行多目的ローンが用意されています。

返済期間は最長で7年、融資金額は最大300万円までとなっており、多目的ローンを含めたローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内でなければ融資を受けることができません。

固定金利は年6.700%で、更に低い金利である変動金利も選択できます。

又、現在みずほ銀行にて、証書貸付ローンを利用中(利用していた人)の人はさらに年0.1%の金利引き下げサービスが受けられます。

申込ができる人は借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満で完済時年齢が満71歳未満、勤続年数が2年以上で前年度税込年収が200万円以上です。

ブライダルローンもカードローンと同じ金融商品ですから審査に通らなければ借り入れることはできません。

ブライダルローンは低金利で高額の融資になりますからカードローンより審査は厳しくなります。

ブライダルローンの審査に落ちたという人の特徴は年収が200万円以下、勤続年数が1年未満、非正規雇用などがあげられます。

又、過去に自己破産を経験していたり複数の金融機関から借金をしている人は要注意です。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴も無いため、信用されないことはないだろうと思いがちですが信用情報がないということは、信用度を判断できないという事になりますので落とされる可能性があります。

銀行が提供するブライダルローンは目的別ローンにカテゴリー分けされてることが多くリフォームローンや学資ローンのように使途が決まっているローンになっています。

使途を結婚式に関連する資金と限定することで一般のキャッシングローンよりも低い金利で借りることができるのが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングの場合目的別ローンではないため使い道が自由なフリーローンになります。

気になる金利ですが、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%ですがブライダルローンは5%から7%前後が相場と言われていますので、格段に低金利です。

また、ブライダルローンは数百万円単位で大金を借り入れることができるのに対し消費者金融カードローンは初回の借入額は数十万円が相場です。

銀行のブライダルローンは楽天銀行などの専門のローンを提供しているところもありますがほとんどの銀行では多目的ローンといった形で対応することが多いようです。

クレジットカード会社が提供しているブライダルローンはというと、結婚式場と提携していることが多く、指定の式場で挙式するのが融資条件となっている場合があります。

銀行のブライダルローンの金利の相場は5%から7%ですが式場提携タイプのブライダルローンは6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面から判断すると銀行のブライダルローンのほうが有利に思えますが、クレジット会社にも銀行レベルに低金利なものもあります。

その中イチオシなのがジャックスのプレシャンテです。

金利6.5%と楽天銀行よりも低金利な上、限度額は500万円と銀行よりも高額で、しかもクレジット対応なので口コミ評価は良いようです。

結婚資金といえば、挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪、引き出物など100万円単位の大金が必要になってきます。

結婚式以外にも新婚旅行や引っ越し費用などそれぞれに数十万円程度は必要となってくるでしょう。

ブライダルローンはそういった資金を低い金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査のハードルはかなり高く厳しいものになります。

審査のポイントになるのは、借主に返済能力があるかということで本人確認書類の他に給与証明書や源泉徴収票なども必要になります。

また、ブライダルローンでは保証人は必須ではないのですが審査結果によっては保証人を求められる場合があります。

楽天銀行には目的型ローンでブライダルローンを提供しており楽天会員の人や、楽天銀行に口座が持っている人ならば簡単に手続きができます。

金利は固定で年7.0%、借入可能金額は最大300万円、返済額は月々1万円からOKです。

楽天銀行から融資を受ける際に注しなければいけないことはつまり、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいるという場合はブライダルローンでは200万円までしか借りられなくなってしまいます。

融資実行後は領収書や振込控の写しなど支払が確認できる書類を1か月以内に提出するように義務付けられています。

ブライダルローンとカードローンはお金を借りると言う意味では同じなのですが両者には大きな違いがいくつもありますので注意が必要です。

まず、ブライダルローンというものは、銀行や信販会社が提供している目的別ローンなのに対しカードローンというローンは主に消費者金融業者が提供しているフリーローンです。

貸出金利についても大きく異なり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンの場合、3.0%から18.0%という金利が相場になっています。

次に申込手続きや審査を比べてみましょう。

ブライダルローンは複雑で時間がかかるのに対しカードローンは割と審査が簡単とされていて、即日融資も可能だったりします。

一方で、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と高額な借り入れを可能としているのに対しカードローンだと、は実績を積まなければ数十万円程度しか借りられません。

参考:ブライダルローンはプロミスがおすすめ?【審査基準厳しい?】

総量規制というのは、収入の三分の一を超える融資を禁止した規制で消費者金融などに適用されるというものです。

結婚式は250万円から350万円かかりますから総量規制が考えると、年収が750万円から1 050万円必要になってしまいます。

これから式を挙げようとする若い人はそんな年収はない人が大半でしょうし一生式が挙げられないんじゃ...と不安になってしまう人もいますよね。

しかし、銀行の場合貸金業法は関係ありませんしクレジットカードを取り扱う信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されますから総量規制の対象外となるのです。

ただし、クレジットカードのキャッシングは貸金業法が適用されますから総量規制の対象となります。

ブライダルローンを借りるにあたって、返済方法をどうするかと悩む人は多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにしてはいけません。

300万円かかった結婚式を、ご祝儀で全額回収することは厳しいといわれており100万円程度の赤字がでるというのが常識です。

具体的に計算してみますと、1人あたり3万円のご祝儀をくれると仮定して招待人数が70人だと、ご祝儀の総額は210万円ですから90万円の赤字になります。

しかし、何とか頑張って100人を招待することができればギリギリ300万円集まる計算になりますので完済できる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀にて一括返済できたという人は全体の45%程と言われていますが残りの55%は一括返済できなかったことになりますから、ご祝儀での一括返済は容易ではありません。

ブライダルローンといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴でいくらくらいかけるのが相場なのでしょうか?番多いのは300万円から350万円の価格帯で全体の約15%を占めており2位は400万円から500万円(約12%)、3位は350万円から400万円(約10%)となっているようです。

相場の平均は調査した専門誌などによって多少のばらつきがありますがおおよそ250万円から350万円の範囲に収まっています。

結婚にかかる費用は挙式・披露宴以外にも多くあり新婚旅行の旅費や新居の引っ越し代などプラス100万円以上かかってしまいます。

更におめでたが重なると出産費用や赤ちゃんをお迎えする準備などにもお金がかかってきますからプラス20から30万円多くなることを想定しておきましょう。

ブライダルローンというものは結婚に限定した目的別ローンですから結婚関連以外の使い道は認められていません。

ブライダルローンは使い道を限定することで低金利になる目的別ローンでありリフォームローンや医療ローンなどと同じ種類のローンになります。

認められている使い道には挙式・披露宴のほかに新婚旅行旅費、新居に関する礼金敷金・賃貸料、家具家電の購入などがあります。

カードローンなどのフリーローンと大きく違うのは使い道を証明できる書類がないと融資が下りないということです。

具体的には、結婚式場が発行した見積書や請求書が必要になり支払完了後に、領収書や振込控えなどの写しの提出が必要となることもあります。

ブライダルローン審査結婚式まで間に合う?

クレジットカード会社のオリコのブライダルプラン(ブライダルローン)は金利は6.0%から13.2%、融資金額は10万円から300万円です。

満20歳以上で安定した収入がある人であれば申込むことができ収入や勤続年数などの条件は特にないようです。

返済期間は6か月から最長84か月(7年)ですが申込時にロ本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しが必要になり、オリコでの融資総額が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必須となります。

又、オリコからの借入れ額と、他の金融業者からの借入れ合計額が100万円以上ある場合も前年度の源泉徴収票などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンとカードローンは似て非なるもので両者には大きな違いがいくつかもありますので注意しなければいけません。

まず、ブライダルローンというものは銀行や信販会社がサービスを提供している目的別ローンですがカードローンというローンは主に消費者金融業者が提供しているフリーローンです。

貸出金利についても両者は大きな差があり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンでは3.0%から18.0%と高い金利に設定されているのです。

申込手続きや審査を比較すると、ブライダルローンは複雑で時間がかかりますがカードローンは比較的簡単な審査が多く、即日融資が可能なサービスも多くあります。

一方で、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と高額な借り入れを可能としているのに対しカードローンだと、は実績を積まなければ数十万円程度しか借りられません。

ブライダルローンもカードローンと同じ金融商品に違いはありませんので審査に通らなければいけません。

ブライダルローンというローンは低金利で高額の融資を受けられますのでカードローンよりも格段に審査は厳しくなります。

ブライダルローンの審査に落ちたという人の特徴は年収が200万円以下、勤続年数が1年未満といった信用情報が弱いことが多いです。

また、過去に滞納履歴や自己破産歴があったり、複数の金融機関から借金をしている人は要注意です。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので信用されていると思われがちですが信用情報がないということは、信用度を判断できないという事になりますので落とされる可能性があります。

ブライダルローンというものは結婚に類する出費にしか使えないという制約があるのですが結婚式や披露宴のほかにも新婚旅行であったり、新居の購入費用にローンを充てることも認められています。

新居を購入する場合、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになると思いますが頭金があれば金利が優遇されるなどメリットがあります。

一般的に住宅ローンを組む際の頭金は多いほど良いとされていますが物件価格の2割から3割用意しておくのが理想的と言われています。

その計算上では2000万円の物件を購入する場合、頭金は400万円から600万円必要となる計算になりますのでとても一朝一夕で用意できる金額ではありません。

そこでブライダルローンの登場です。

ブライダルローンで借りたお金を住宅ローンの頭金に回すことで低金利でローンを組むことができるのです。

ご祝儀を当てにして返済プランを考えてはいけません。

仮に300万円の結婚式を挙げたとして、その挙式費用をご祝儀で全額賄うことは不可能といわれており100万円程度の赤字がでるというのが常識です。

具体的に計算してみますと、1人あたり3万円のご祝儀をくれると仮定して招待した人が70人の場合、ご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になってしまいます。

頑張って100人を招待できれば300万円分ご祝儀が集まりますので、完済しきれるはずです。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人の割合はというと全体の45%ほどだそうです。

残りの55%は一括返済できなかったことになりますから、ご祝儀での一括返済は容易ではありません。

みずほ銀行にはブライダルローンという商品はありませんが結婚費用にも使える「みずほ銀行多目的ローン」が用意されています。

多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が、前年度の税込年収の50%以内であることが条件となっており条件をクリアできないと融資を受けることができません。

固定金利は年6.700%なのですがさらに低金利である変動金利にすることもできます。

又、現在みずほ銀行にて、証書貸付ローンを利用中(利用していた人)の人は更に年0.1%の金利引き下げサービスを受けることができます。

申込対象者は満20歳以上満66歳未満、完済時年齢が満71歳未満であること、勤続年数は2年以上必要で、前年度の税込年収が200万円以上が対象となっています。

総量規制を知っていますか?総量規制というのは、収入の3分の1を超える融資を禁止とした規制で消費者金融などの貸金業者に適用される規制です。

結婚式にかかる費用は約250から350万円はかかると言われていますので総量規制を考えると年収が750万円から1 050万円必要になります。

若い夫婦であればそんな約1000万の収入なんてないでしょうし、すでにカードローンを利用している人は結婚式を挙げられないんじゃないかと不安になってしまいますよね。

しかし、銀行法によって規制されている銀行であれば、貸金業法は無関係ですしクレジットカードを扱う信販会社のクレジット払い(立て替え払い)も割賦販売法が適用されるので総量規制の対象外です。

但し、クレジットカードのキャッシングで融資を受けると貸金業法の適用により総量規制の対象となります。

ブライダルローン組む際に1番ポイントとなるものといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴でどれくらいかかる相場なのでしょうか?一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の約15%で次点は400万円から500万円、次いで350万円から400万円という価格帯が相場のようです。

全国の平均相場価格は専門誌やサイトによってある程度ばらつきはありますがおおよそ250万円から350万円の範囲が相場のようです。

結婚にかかる費用というのは挙式や披露宴以外にもあり新婚旅行の費用や、新居の引っ越し代、家具や家電の購入費用などでプラス100万円以上はかかるでしょう。

更に「さずかり婚」の場合だと、出産費用や乳児用品の購入費も必要となりますのでプラス20万から30万円多めに見積もってローンを考えておいた方が良いでしょう。

ブライダルローンと言うローンを提供している金融機関はたくさんあるのですがどの点に気を付けて決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは使途が限られているローンなのですが借りたお金の使い道に関する制限は金融機関によって異なることがあるので注意が必要です。

楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れはできませんしジャックスだと、挙式と披露宴の費用が含まれていればそれ以外の費用も認めています。

ですから、ブライダルローンの選び方で重要視しなければいけないことは資金使途の範囲がどこまで許可されているかをということになります。

低金利かつ融資限度額が大きいことに超したことはないのですが月々の返済額や返済期間などをじっくり考慮して無理のないローンを選びましょう。

銀行が提供するブライダルローンは目的別ローンにカテゴリー分けされてることが多くリフォームローンや学資ローンのように使途が決まっているローンになっています。

使い道をブライダル関連に限定することで一般のカードローンよりも低い金利で借りることができるのが大きなメリットです。

これに対して消費者金融のカードローンはというと目的別ローンではなく使い道に制限されないフリーローンになります。

気になる金利ですが、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%ですがブライダルローンは5%から7%前後が相場と言われていますので、格段に低金利です。

また、ブライダルローンは数百万円単位で大金を借り入れることができるのに対しカードローンは初回の借入額は数十万円が相場ですから、大金は借りられません。

銀行のブライダルローンは楽天銀行や千葉銀行のように専門のローンもありますが多くの銀行では多目的ローンや目的別ローンで対応することが多いようです。

一方でクレジットカード会社が提供しているブライダルローンもあるのですが、こちらは結婚式場と提携している場合が多く、クレジット会社が指定する結婚式場で挙式をあげることが融資の条件となっていることが多いです。

銀行の金利はだいたい5%から7%が相場となっていますが式場提携タイプのブライダルローンは6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面で判断すると銀行のブライダルローンのほうがお得に感じますがクレジット会社にも銀行レベルに低金利なものもあります。

ジャックスの「プレシャンテ」は、金利6.5%と楽天銀行よりも低い金利で限度額は500万円で、クレジット対応なので口コミ評価はかなり良いようです。

楽天銀行では目的型ローンブライダルというブライダルローンを提供していて楽天会員の方であれば簡単にオンライン手続きが可能です。

固定金利で年7.0%、融資金額は最高で300万円となっていて楽天銀行から借入をする際に気を付けたいことは楽天銀行の融資額は1人あたり最大で500万円までと上限が決まっていることです。

ローンの申請には本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類などが必要になるほか、融資実行後は領収書等、支払が確認できる書類を提出しなければいけません。

ブライダルローンは結婚のためにお金を貸してくれるサービスのことで銀行や信販会社などでローンを組むことができます。

一般的なカードローンと比較すると金利が低くおすすめなのですが、通常のカードローンよりも手間や時間がかかるのは否めません。

カードローンは借りたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンは、結婚に関する目的以外には認められません。

結婚に関わる資金と言っても結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への入居費用、家具や家電の購入など色々とお金が必要になります。

結婚資金を貯めてから結婚するという人も多いですが、早く新婚生活をスタートさせたいと考えている方は、金利が低いブライダルローンの利用がおすすめです。

ブライダルローンは低金利でお金を貸してくれるというのが最大の魅力でもあると思うのですがキャッシングローンですから、返済期間が長いほど利息は多くなってしまいます。

月々の返済はというと、まず1回の返済額を決めてから、利息を優先して返済して、決めた返済額内の残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長いほど利息が多くなりますから、なるべくなら返済期間を短くした方が支払総額を抑えることができるのです。

もし、ブライダルローンの借入総額が御祝儀で賄えるようであればちょっと無理をしてでも一括返済しちゃったほうが失費は抑えられます。

ご祝儀総額が一括返済に足りないときは返済計画をきちんと立て無理のない返済をしていきましょう。

現在、カードローンなどでキャッシングを利用しているという方はブライダルローンを利用する前に融資残高の確認が必要です。

新規の借入先として消費者金融を考えている人は総量規制がかかってきますので年収の半分を超える借入はできないため、事前に計算をしておくことが大切です。

銀行でも1人当たりの貸付総額が定められている場合がありますのでカードローンを利用している銀行から追加で借り入れを考えているという人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借入可能ですが1人当たりの貸付総額が500万円ですので、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいる場合200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の場合はというと、最大融資額は300万円なのですが、みずほ銀行でローンを利用している人は、貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。

関連ページ